Home
わかる
記念品
previous button previous button

03 4月 2014

季節に合ったものを

Author: jonas-jerebko.com | Category: 記念品 | Tags:

ダーツ

ノベルティなどの記念品や販促品には多くの種類がありますが、その中でも季節にあった商品が人気があります。
たとえば、夏祭りなどでよく「うちわ」が配布されます。
夏の暑さを涼しくしてくれるうちわは、配布時、受け取られる可能性が高くなります。
そしてうちわは夏場の様々な行事で使われるため、良い宣伝効果にもなります。
このように、季節に合ったグッズが、企業から注目を集めています。

特に夏場の暑さを狙ったノベルティグッズや販促品には、様々な種類があります。
代表的なうちわをはじめ、ドリンクパック、アイスパック、クールパッド、蚊取り線香などがあります。
これらのグッズは、家庭だけでなくアウトドアやレジャーにも使えて役立ちます。
普通のノベルティ、販促品をだけではなかなか受け取って貰えないので、このように季節に合ったグッズを配布することがポイントとなってきます。

これらのグッズは毎年それぞれ工夫が見られ、より良い宣伝広告、顧客満足を高めるように日々進化し続けています。

03 4月 2014

様々な種類

Author: jonas-jerebko.com | Category: 記念品 | Tags:

輪投げ

現在、ノベルティや販促品などは、企業だけでなく個人でも簡単に作成することができます。
インターネットを利用すれば、筆記用具をはじめ、美容や健康など、生活関連の商品もつくることが可能です。
ここでは、その簡単につくれる記念品の種類をいくつか紹介します。

●定番用品
例えとして、ウェットティッシュ、3色ボールペン、エコバッグ、タンブラーなどが挙げられます。
これらは単価も非常に安く、多くの人が記念品として作成しています。

●美容・コスメ用品
例えとして、あぶらとり紙、UVミラー、乳液、化粧水、爪切り、綿棒、アイシャドウなど、様々なコスメ用品があります。
女性を対象とした商品の宣伝で使用されます。

●オフィス用品
これらはパソコン機器周辺で使用できるグッズをノベルティ化したものです。
例えとして、メディアディスクケース、パソコンレンズクリーナー、マウスパッド、パソコンクリーナー、デスクファンなどがあります。
このグッズは少し高価なものが多いですが、その実用性が高いので、顧客満足を高める狙いもあります。

●電化製品
これらは、商品のおまけとして配布されることが多いです。
例として、マンガン単電池、コードタグ、メディアカバーなどがあります。

このように、ノベルティや販促品にはその用途ごとに様々な種類があり、多くの人に使用されています。

03 4月 2014

比較したときの違い

Author: jonas-jerebko.com | Category: 記念品 | Tags:

竹とんぼ

一見似たようなノベルティと販促品は、その目的が異なります。
ノベルティとは、広告宣伝はもちろん、顧客満足、販売促進も同時に高めることを狙いとした品物です。
そのため、ノベルティには実用的な品物が多いです。
ノベルティには、カレンダーや電卓、メモ用紙、筆記用具など様々な種類があります。
日頃からよく使うものに、会社名や商品名が記載されていると、自然と目に留まります。
これらは長期に渡って使用されるので、とても良い宣伝効果があります。
他にも、展示会の来場記念品、開店オープン記念品、アンケートの御礼品など、様々なシーンで活躍しています。

それに対して販促品は、あくまで販売促進をだけを狙いとした商品です。
そのため、ノベルティのような実用性のある商品でないことが多いです。
販促品の例としては、ポケットティッシュやウェットティッシュ、ミニタオル、カードルーペなど、安価なものばかりです。
顧客満足などは狙いとしてないので、キャンペーン期間中など、期間限定として配布することが多いです。

03 4月 2014

広告宣伝の手法として

Author: jonas-jerebko.com | Category: 記念品 | Tags:

ロボットのおまけ

会社や商品の広告宣伝の手段として、ノベルティの他に販促品というものがあります。

●販促品
販促品の「販促」という言葉は、販売促進を省略した言葉です。
セールス・プロモーションと同じ意で、店頭や展示会などで販促品は配られます。
その時販促品は、お試し版というカタチで無料で商品を手に入れ、体験することができるので、消費者の購買欲を刺激することができます。
つまり販促品とは、ノベルティのような記念品とは違って、商品そのもののお試し版や、単なる宣伝効果を狙うようなものばかりです。
消費者をうまく購入に結びつけるための手段として、多くの企業が利用しています。